外付けのhdd機器が認識しないときは|専門業者に相談してみよう

PC

大切な財産を救う

パソコンやサーバ内に置いてあるデータが取り出せなくなってしまうことは、起こり得ることです。だからといって諦める必要はなく、データ復旧の専門業者への依頼で、手元に戻る場合は多いです。スピード感を持って、明朗に情報を伝えてくれる業者を探すことが重要です。

ネットワーク

大容量でも可能

今やビジネス上でオンラインストレージを利用しないケースはほとんどありません。大容量のファイルでも簡単に操縦しンすることができるメリットがあります。またセキュリティもしっかりしているため安全かつそして安心して利用できます。

ネットワーク

膨大な情報を一元的に管理

オンラインストレージは、テラバイト単位の膨大なデータをネットワーク上のサーバに保管できるサービスです。企業等の法人が日常的に利用するサービスをそっくり預けることもできます。端末を問わずアクセスできるため、情報の一元管理と共有化が容易になります。

焦らずに確認

ハードディスク

専門業者に依頼を検討

会社で使用しているパソコンの外付けhddを認識しないときには、以下の手順を試してみて、それでも解決しない場合は製造メーカーのサポートを受けるか、専門業者に相談してみましょう。初めに、外付けhddが外部電源で稼働するタイプの場合、ACアダプターが純正品であることを確認します。外付けhddに付属している純正品以外のACアダプターを使用しているために、十分な電力が供給されておらず、そのために認識しないことがあるためです。ACアダプターは、どの会社の製品も一見同じように見えますが、電圧や電流に違いがあるため、外付けhddを購入したときに付属していた純正品を使用するのが原則です。外部電源が不要で、USBからのバスパワーだけで稼働する外付けhddが認識しないときも、電力が足りないことが原因である可能性があります。外付けhddの他に、マウスやキーボードなどをUSBポートにたくさんの機器を接続している場合は、外付けhddが電力不足に陥ることも珍しくありません。そのため、USBポートから外付けhdd以外の機器を取り外してみて、もう一度認識するかどうかを確認します。上記の確認をしても認識しないときは、外付けhddを取り外すときに、ハードディスクを安全に取り外す操作を行わなかったために、外付けhddが故障している可能性が考えられます。保存しているものが仕事で使用する大切なデータである場合、業者に依頼してデータを復旧させることが可能です。しかし、業者といっても沢山あるため、信頼するところに依頼するのが重要となります。そのため、セキュリティー面がしっかりしており、素早く対応してくれるところを探すようにしましょう。